Loading...

【3/8開催】Laravelハンズオンセミナー(CRUDアプリケーションを作る)

Laravel5を使ったハンズオンセミナーを10/28(金)に開催しました。次回開講予定がつき次第告知させて頂きます。

Laravelとは

無料・オープンソースのPHPで書かれたWebアプリケーションフレームワークで、PHPのWebアプリケーションフレームの中で人気急上昇のフレームワークです。

Laravelの特徴

  • 海外での普及スピードがダントツ
  • クセもなく、習得するまでの難易度は高くない
  • ライブラリも豊富
  • 強力なルーティングフィルター
  • 柔軟なオートローダー
  • 簡単なペジネーション
  • ビューをサポートするコンポーサー

Googleトレンド

それではLaravelの環境構築をしていきましょう。

環境構築(Mac)

Macでのlaravel環境構築方法を紹介します。

Sublime Text3インストール(Mac)

今回エディタソフトはSublime Text3を使っていきます。
ブラウザで下記のURLにアクセスしてインストールファイルをダウンロードします。

https://www.sublimetext.com/3

ダウンロード完了したらdmgファイルをダブルクリックしてインストールしてください。
Sublime TextのアイコンをドラッグしてApplicationsフォルダにドロップします。

アプリケーションフォルダを開き、Sublime Textのアイコンをダブルクリックすれば起動します。

このような画面が起動します。これでSublimeTextのインストールは完了です。

Sublime Text3のPackage Controlのインストール(Mac)

プラグインをインストールするためにはPackage Controlというものをインストールする必要があります。
Googleでsublime text3 package controlと検索してトップのサイトを開き、
下記のプログラムコードをコピーしてください。

https://packagecontrol.io/installation

メニューからView -> Show Consoleを選んでください。

下記の内容をコマンドパレットに先ほどコピーしたものをペーストしてください。

これでPackage Controllがインストールされました。

パッケージのインストール方法

Package Controlで簡単にインストールできます。

  1. Macはcommand + shift + p、Windowsはctrl + shift + pでPackage Controlを開きます。
  2. install packageと入力
  3. Package Control -> install packageを選択

次の画面でインストールしたいプラグインを検索します。
試しにFTP機能を提供してくれる「SFTP」をインストールしてみましょう。

インストール完了するとPackage Control Messagesが開きます。
インストールしたプラグインの使い方など書かれていますのでしっかり確認しましょう。

このようにPackage Installで簡単にプラグインを入れる事ができます。

インストールするパッケージ

今回のハンズオンで必要なパッケージを上の手順で追加しておいてください。

パッケージ名 説明
SublimeCodeIntel コード自動補完
PHPIntel PHPの自動補完
Laravel Blade Highliter Laravelのテンプレートのカラーリング
Terminal 開いたプロジェクトのターミナルを呼び出せる

これでSublime Text3の環境構築は完了です。

MAMPインストール(Mac)

MAMPとは、Mac上(現在ではWindows上でも)でPHP実行環境が構築できるフリーソフトです。

ブラウザで下記URLにアクセスして矢印の箇所をクリックしてインストールパッケージをダウンロードします。

https://www.mamp.info/en/

お使いの環境が間違っていないか(Mac or Windows)を確認して問題なければDownloadボタンをクリックします。

ダウンロードフォルダにpkgファイルがダウンロードされていますので、ダブルクリックします。

いつものソフトをインストールする手順でインストールしてください。
※ インストール画面では特に設定を変更せずにインストールしてください。

これでMAMPのインストールは完了です。

PHPのパスを追加(Mac)

MAMPはインストールできましたが、このままだとターミナル操作でPHPを実行する場合には標準のMacにインストールされているPHPで実行されてしまいます。なのでMAMPのPHPでコマンドを実行するようPATHを追加します。
viで.bash_profileを開きましょう。

ターミナルで実行

vi ~/.bash_profile

下記を追加してください。追加したらescキーを押して:wqで保存してviを閉じてください。

export PATH=/Applications/MAMP/bin/php/php7.0.10/bin:$PATH

~/.bash_profileを更新してください。

source ~/.bash_profile

php -vコマンドでPHPのバージョンを確認してみましょう。下記のように7に変更されればOKです。

ターミナルで実行

php -v
PHP 7.0.10 (cli) (built: Aug 25 2016 17:32:10) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2016 The PHP Group
Zend Engine v3.0.0, Copyright (c) 1998-2016 Zend Technologies

これでMAMPのインストールは完了です。

MAMPの起動(Mac)

MAMPのインストールが完了したらMAMPを起動してみましょう。アプリケーションフォルダに移動してMAMPフォルダの中のMAMPをダブルクリックします。

下図の画面が表示されますので、サーバ起動部分をクリックします。

起動が完了するとブラウザが自動で起動して下図の画面が表示されればMAMPが起動しています。

composerインストール(Mac)

ターミナルで実行

curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

実行した場所にcomposer.pharが作成されますので、それをどこでも実行できるように/usr/local/bin/composerに移動します。

ターミナルで実行

mv composer.phar /usr/local/bin/composer

この状態でcomposer -Vコマンドを実行してバージョン情報が表示されれば無事インストールされています。

ターミナルで実行

composer -V
Composer version 1.2.1 2016-09-12 11:27:19

Laravel5プロジェクト作成(Mac)

testprojという名前でプロジェクトを作成します。

ターミナルで実行

composer create-project laravel/laravel testproj  --prefer-dist

プロジェクトの作成には少々時間がかかります。気長に待ちましょう。

下図のようにApplication key xxxxxx set successfullyが表示されれば完了です。

プロジェクトが作成できたら下記のコマンドを実行してパーミッションの設定をしておきます。

ターミナルで実行

chmod -R 775 testproj/
chmod -R 777 testproj/storage/

下記URLをブラウザで起動してみましょう。

http://localhost:8888/testproj/public/

下図の画面が表示されれば無事laravelプロジェクトが起動しています。

これでMacの環境構築は以上です。

環境構築(Windows)

WindowsでのLarabel環境構築について解説します。

Sublime Text3インストール(Windows)

ブラウザで下記のURLにアクセスしてインストールファイルをダウンロードします。

https://www.sublimetext.com/3

これでSublime Text3のインストールは完了です。

Sublime Text3のPackage Controlのインストール(Windows)

プラグインをインストールするためにはPackage Controlというものをインストールする必要があります。
Googleでsublime text3 package controlと検索してトップのサイトを開き、
下記のプログラムコードをコピーしてください。

https://packagecontrol.io/installation

Sublime Text3を起動してメニューからView -> Show Consoleを選んでください。

下記の内容をコマンドパレットに先ほどコピーしたものをペーストしてください。

これでPackage Controllがインストールされました。

パッケージのインストール方法

Package Controlで簡単にインストールできます。

  1. Macはcommand + shift + p、Windowsはctrl + shift + pでPackage Controlを開きます。
  2. install packageと入力
  3. Package Control -> install packageを選択

次の画面でインストールしたいプラグインを検索します。
試しにFTP機能を提供してくれる「SFTP」をインストールしてみましょう。

インストール完了するとPackage Control Messagesが開きます。
インストールしたプラグインの使い方など書かれていますのでしっかり確認しましょう。

このようにPackage Installで簡単にプラグインを入れる事ができます。

インストールするパッケージ

今回のハンズオンで必要なパッケージを上の手順で追加しておいてください。

パッケージ名 説明
SublimeCodeIntel コード自動補完
PHPIntel PHPの自動補完
Laravel Blade Highliter Laravelのテンプレートのカラーリング
Terminal 開いたプロジェクトのターミナルを呼び出せる

MAMPインストール(Windows)

ブラウザで下記URLにアクセスして矢印の箇所をクリックしてインストールパッケージをダウンロードします。

https://www.mamp.info/en/

Downloadボタンをクリックします。

ダウンロードされたexeファイルをクリックします。

Nextボタンをクリックしてインストールを完了させてください。

完了したらFinishボタンをクリックして終了しましょう。

MAMPの設定変更

MAMPの設定を変更しておきます。Preferences...部分をクリックします。

PortsのタブをクリックしてNginx port8888に変更します。

Web Serverのタブを開いてNginxを選択してOKボタンをクリックしましょう。

MAMPの起動

それではMAMPを起動しておきましょう。矢印の部分をクリックするとサーバが起動します。

起動確認しましょう。Open start pageの部分をクリックします。

ブラウザが起動して下図のページが表示すればMAMPが起動しています。

これでMAMPのインストールは完了です。

PHPのPathを追加

MAMPをインストールできたらPHPをコマンドプロンプトから実行できるようにします。
まず、エクスプローラーでMAMPの最新のPHPのフォルダの場所に移動したパスをコピーしてください。

コピーしたらスタートメニューの検索欄でシステム環境変数と入力してシステム環境変数の編集をクリックします。

環境変数をクリックします。

次の画面で新規をクリックします。
※ すでにPathの環境変数がある場合はPathを選んで編集ボタンをクリックします。

変数名Pathと入力し、変数値は先程コピーしたMAMPの最新phpのパスをペーストして入力します。

これでphpコマンドが使えるようになっているはずです。
コマンドプロンプトでphp -vを入力してバージョン情報が入力されるか確認しましょう。

composerインストール(Windows)

下記URLにアクセスしてComposer-Setup.exeをクリックしてダウンロードします。

https://getcomposer.org/doc/00-intro.md#installation-windows

ダウンロードしたComposer-Setup.exeをダブルクリックします。

Nextをクリックします。

MAMPでインストールされたPHPを指定します。Browse...をクリックします。

C:¥MAMP¥bin¥php¥php7.0.9の場所に移動してphp.exeを選択して開くをクリックします。

Disabe this requirement...のチェックを有効にしてNextをクリックします。

Ploxyの設定は何も設定しないでNextをクリックします。

Installボタンをクリックします。

しばらくするとインストールが完了します。

PHP extentionの追加(Windows)

インストールが完了したらlaravelプロジェクトを作成できるようにPHPのエクステンションを追加します。
C:¥MAMP¥bin¥php¥php7.0.9に移動してphp.ini-developmentを複製してphp.iniに名前を変更します。

下図のとおりextension_dir = "ext"のコメントを解除します。

下図のとおりextension=php_mbstring.dllextension=php_openssl.dllのコメントを解除します。

Laravelプロジェクトの作成

これでlaravelのプロジェクトを作成できるはずですので試してみましょう。下記コマンドをコマンドプロンプトで実行してみてください。
※composerコマンドを有効にするためにコマンドプロンプトは一度再起動しておきましょう。

コマンドプロンプトで実行

cd c:¥MAMP¥htdocs
composer create-project laravel/laravel testproj  --prefer-dist

プロジェクト作成にはしばらく時間がかかりますので待ちましょう。

Application key xxxxx set successfullyと表示されれば完了です。

下記URLをブラウザで起動してみましょう。

http://localhost:8888/testproj/public/

下図の画面が表示されれば無事laravelプロジェクトが起動しています。

Windowsの環境構築は以上です。お疲れ様でした!

すべての閲覧にはイベント参加・会員登録が必要です

すべてのコンテンツはセミナー開催後に掲載されます。
また、すべてをご覧になるには会員登録が必要です。



情報戦略テクノロジー