Loading...

【11/11開催】Go言語ハンズオンセミナー(REST APIを作る)

Go言語のハンズオンセミナーを11/11(金)の20時から開催致しました。次回開催が決まりましたら告知いたします。

Go言語の魅力

  • オープンソースである
  • シンプルな言語
  • コンパイル・実行速度が早い
  • 安全性が高い
  • 同期処理が容易に行える
  • クロスプラットフォーム

環境構築

Go言語インストール

Macの場合

下記ページにアクセスし、Apple OS Xの箇所をクリックしてダウンロードします。

https://golang.org/dl/

ダウンロードしたpkgファイルをダブルクリックしてインストールしてください。

ターミナルを開いてgo versionを実行してみてください。
Go言語のバージョンが表示されれば無事インストール完了です。

Windowsの場合

下記ページにアクセスし、Microsoft Windowsの箇所をクリックしてダウンロードします。

https://golang.org/dl/

ダウンロードが完了したらダブルクリックしてインストールします。

環境変数の追加

環境設定変数PATHを追加します。下図のようにスタートボタンを押し、検索窓に環境変数を入力して環境変数の編集を選択します。

新規をクリックします。

変数名にPATH、変数値にc:¥Go¥binを入力してOKボタンをクリックします。

この状態でコマンドプロンプトを開いてgo versionを入力してください。下図のようにバージョン情報が表示されればGo言語のインストールはOKです。

これでWindows環境でのGo言語のインストールは完了です。

IntelliJ IDEAインストール

Go言語の開発環境としてInteliJ IDEA(Community)をインストールします。

※ InteliJ IDEA(Community)は無料でお使いいただけます。

下記リンクをクリックしてInteliJ IDEA(Community)をダウンロードします。

※ 環境に合わせ(Mac or Windows)ダウンロードしてください。

https://www.jetbrains.com/idea/download/

InteliJ IDEAの初期設定

メニューからPreferences..をクリックします。

Pluginsを選択し、Browse Repositories...のボタンをクリックします。

検索窓にgoを入力し、下図のようにGoのプラグインを選択してInstallボタンをクリックします。

インストールが完了するとRestart IntellJ IDEAのボタンをクリックして再起動します。

再起動後はGo言語のプロジェクトが作成できるようになっています。試しにCreate New Projectをクリックします。

次の画面でGoが選択できるようになっていますので選択します。

次の画面でConfigureボタンをクリックします。

Go SDKのパスを選択する画面になります。初期表示でインストールされている場所が入力されているのでそのままOKボタンをクリックします。

下図のようにGo SDKが追加されます。Nextボタンをクリックして次にいきます。

プロジェクト名を入力します。任意に入力してFinishボタンをクリックします。

これでInteliJ IDEAの初期設定は完了です。

インデントの調整

続いてインデントの調整をしましょう。PreferencesのCode Style -> Goを選択して下図のようにタブのインデントを調整できます。

GOPATHの設定

MacのGOPATH設定

Go言語を利用するにはGOPATHの環境設定を追加する必要があります。

mkdir ~/go
mkdir ~/go/third-party
mkdir ~/go/my-project
vi ~/.bash_profile

.bash_profile

export GOPATH=$HOME/go/third-party:$HOME/go/my-project
export PATH=$HOME/go/third-party/bin:$HOME/go/my-project/bin:$PATH

設定を反映します。

source ~/.bash_profile

WindowsのGOPATH設定

c:¥GoWorkフォルダを作成します。

環境設定変数PATHを追加します。下図のようにスタートボタンを押し、検索窓に環境変数を入力して環境変数の編集を選択します。

新規をクリックします。

変数名にGOPATH、変数値にc:¥GoWorkを入力してOKボタンをクリックします。

コマンドプロンプトで、go env GOPATH を実行する。C:¥GoWork と表示されれば OK

Gitのインストール(Windowsの方のみ)

Windowsの方はデフォルトではGitが入っていません。
まだGitを入れていない方は下記リンクよりインストールしてください。

https://git-for-windows.github.io/

Go言語でHello world

では最初のお決まりとしてGo言語でHello worldをやっていきましょう。
先ほど作成したプロジェクトのナビゲーションエリアのプロジェクト名の部分を右クリックしてNew -> Go Fileを選択してください。

Nameをhello、KindをSimple ApplicationにしてOKボタンをクリックします。

このようにmainパッケージとmain関数が入力された状態でファイルが作成されます。

それではhello.goファイルにプログラムを記述していきます。下記のとおり入力してください。

hello.go

func main() {
    fmt.Println("Hello world!!") // 追加
}

それではGo言語を実行してみましょう。画面下部のTerminalをクリックしてgo run hello.goを入力してエンターを押してください。

このようにHello world!!と出力されればOKです。

このようにとっても簡単にGo言語プログラムを実行する事ができます。


すべての閲覧にはイベント参加・会員登録が必要です

この続きをご覧になるには会員登録が必要です。



情報戦略テクノロジー