Loading...

社内システム開発日記:その80

前書き

お疲れ様です!
小手投げです。

稀勢の里の優勝、横綱昇進が決まりうれしいです。
白鵬が言うところの「宿命」にあったということでしょうか。
4横綱という形になり来場所はどんな相撲になるのか楽しみです。

今回は日記です。

日記

出力形式の値でpdf、csv、xlsxを振り分け

前に調査したCSV出力を試す
特に問題なく出力できる
日本語を出力したらエクセルで文字化け
UTF-8ではなくShiftJISで出す必要

小原さんに相談したらエクセルで編集することもあるだろうから対応した方が、とのこと
改行コードを含むデータはダブルクォートで囲ってやればよいと

ShiftJISに変換するパッケージがあった
無事変換できた
ダブルクォートで囲ってやると改行を維持したまま1行で表示できた

ちまちま文字列を作ってやる
エンジニア情報の出力に成功
出力ファイル名を名前+会社名.csvに

プロジェクト情報も出力成功

ブログの執筆公開

PDF出力の調査
・PDFを作成してディレクトリに書き出す
・URLで指定したファイルをダウンロードする
ことはできている

一度書き出してそのパスを指定してダウンロードすればいけそう
でもファイルの削除とか制御が手間になりそう

CSVをダウンロードする時の元のデータ型はバイト配列
作成したPDFを同じ型にできれば可能性はあるはず
PDF作成をしているパッケージのメソッド群を見ていたら、GetBytesPdfという名のバイト配列を返すメソッドを発見
ファイル名とコンテントタイプをPDFにしてやるとPDFがダウンロードできた

今日は調査という予定なのでPDF出力の開発よりXLSXの調査をしよう

XLSX作成のパッケージにはバイト配列を返すメソッドはない
探していると同じパッケージで作ったXLSXをダウンロードしている質問を発見
Writeメソッドの中でバイト配列を取得してWriteしている
ファイル名とコンテントタイプをXLSXにしてやるとXLSXがダウンロードできた

来週はPDF出力開発からやるが、どれくらいかかるか読めない
XLSX出力とそれぞれ1.5日で3日、のちリファクタリングでいいかしら

後書き

CSVは並べるだけなので割と素直に終わりました。

PDF、XLSXはレイアウトを整えないといけないので少しかかりそうです。

ではまた次回。

情報戦略テクノロジー