Loading...

社内システム開発日記:その55

前書き

お疲れ様です!
小手投げです。

えらく久しぶりに皮から手作りの餃子を食べました。
モチモチ感が市販の物とは比べるべくもありません。
今度自分でも皮から作ってみたいと思いました。

今回は日記です。

日記

各画面へのパーミッション等をロールに対応させようと思った
しかし、ロールマスタとルールマスタ間の多重度が1対1になるため同じテーブルに書けばいい気がした

サーベイ回答

作成日時、更新日時を全テーブルに追加
TIMESTAMPだと2037年までしか使えないのでDATETIMEにする
デフォルトとアップデートにCURRENT_TIMESTAMPを設定してテーブルを作成し、
レコード作成時、更新時に現在時がそれぞれ入ることを確認

社員の登録時に必要なデータはID(メール)、名前、ロールID
社員番号いらないかな

担々麺に相談
・ルールマスタは各画面へのパーミッション等をカラムにと考えたが違う気が
→画面等の細かい単位でなく共通化できる部分をまとめてカラムにしたら
・認証マスタが先か社員マスタが先か
→認証マスタ。
それで初回ログイン時に個人情報を入れさせるか
・社員番号はいらない気がする
→エンジニア詳細等見るときにURLにメールアドレスが出るのは…
セッションで持てばいい気が

ロールを認証マスタで持つ

開発環境は表示上二つに分かれているのでテンプレートとプロジェクトでカラムを二つに分ける
5つの要素をまとめてテンプレート化するのでテーブルを分けるほどではないと思う

ブログの執筆公開

エンジニアや管理者等はロールで、ロールマスタではその組み合わせのロールを管理する
ルールマスタは当初各画面のパーミッション等をカラムにしていたが、それはレコードにして、
エンジニア等のロールをカラムにするという方向じゃないかと考えた

後書き

ルールマスタの扱いに苦戦しています。

ロールとルールを分離するということなのでしょうが、
今までプログラム側で何とかしてた記憶しかないためいまいちイメージがつかめません。

ではまた次回。

情報戦略テクノロジー