Loading...

社内システム開発日記:その30

前書き

お疲れ様です!
小手投げです。

母校の高校の文化祭に行って、青春の終わりを見てきました。
クラナドはもう学生には通じないのか…

今回は打ち合わせの様子です。

打ち合わせ

部:タスクが片付いてないね。引き続きフィジビリティ
担:片付いたものとしては現行からCASTへデータ移行するにあたってのテーブルの調査

部:DBで気になる点としてはID。社員番号と主キーを分ける必要がある
  現行社員番号が主キーになっているが、別にIDを自動的に降るようにするべき

部:あとは
担:小手投げ、進捗お願い
小:ドキュメントを読み直して、再度session-echoでセッションを動かした。今はDB周りをいじっている
部:調査中と

部:調査・検討といった作業にもチケットを作る
  チケットのない作業が出ないように

部:チケットビューはできるか
  JIRAに項目足して一覧出せばこの表に近いものができるはず
  (この表:画面、ロジック、テスト、移行のくくりでタスクごとの難易度、備考、クリティカルパスを一覧にした表)

部:この表の段落(上で言うくくり)は何?フェーズという意味なのかもしれないけど
担:JIRAでプロジェクトの下にエピックという大項目で区切ってその下に中項目を紐づけている
部:あんまりよろしくないね。例えばある画面開発の下にDB設計の子チケット作ろうとしたときにできなくなる
担:エピックではなく、タスクにラベルを貼る方向で行く
部:そういうプロジェクト概念は経験しないと身につかないから
  例えばGitで言うと分散開発の概念を理解していないとクローンがコピーになってしまう
  マスターとブランチの関係を理解していない、考え方がサブバージョンのまま
  といったように

部:開発オペレーションで一番やっちゃいけないのは運用回避
  同じように使えるか、多様性をもって使う

部:目立った進捗がないから11月は定例は月曜のみで

後書き

私の進捗が悪くて残念な子状態です。

Gitも勉強しないとサブバージョンとの違いを認識して利用できなさそうです。

ではまた次回。

情報戦略テクノロジー