Loading...

社内システム開発日記:その2

前書き

お疲れ様です!
小手投げです。

アイキャッチがすごいことになってますが旭日旗イメージなんですかね?

前回の打ち合わせから4日ほどたった打ち合わせの様子をお送りします。

打ち合わせの様子

部長(以下、部):現状ログイン画面についての進捗はどうか
小手投げ(以下、小):名前とパスを入力して認証し、ログインしたユーザの情報をセッションに格納するのは確認できた。ただ、全部のデータ(構造体を配列に入れた形式)をセッションに格納しようとするとうまくいかない。
部:構造体はセッションに入らないので直列化する必要がある。そのまま入れる方法もあるが…
  エンコード、デコードは考える必要がある。

部:セッション情報をメモリとDBどちらに取りに行っているか見せたくない。そのため例えばGetメソッドを使うときに必ずセッションIDを引数にとるように実装する。
  タイムアウトはサーバ側で起こるものでなく自分で書いてコントロールする。
  1人分の情報に1つのセッションIDを紐づける

小:ユーザ情報の全量をセッションに格納しておくということだが、DB上のデータの更新があった場合、セッションの情報も取り直すのか?
部:アーキテクチャ次第。メモリ上の情報を更新して、最終的にDBにコミットする等。

小:セッションにクッキーを使わないという話だったが、セッションIDを保持するためだけに使うのもまずいか?
部:それくらいなら許容範囲だが、極力使いたくない。モバイルだとクッキーを使えないためセッションIDをURLの後ろにつけて使いまわしている。セキュリティ的には問題なのだが、PCで仕様を変えると2系統作らなければいけないのでコストがかかる。

部:SSL証明書を導入するかどうか、(SSLについての説明)いずれ導入しよう。

部:ブログについて、日記を毎日書くのは大丈夫か?
小:今のところ大丈夫です。
部:じゃあ日記を確認して修正なりを返すから翌営業日に公開するようにしよう

部:go言語の生産性はどうか?
小:セッションだとPHP、DBだとRailsという風に便利な機能に慣れちゃってるので不便
部:使いやすいフレームワーク、ツールを1日かけて調査してみよう
  フロント側をNodeJSで全部作ってしまうとか

部:次の打ち合わせは20日(火)、翌3日分の方向性を決めよう

部:1画面/機能作るのにどれくらいかかりそうか?
小:…1週間はかかるのではないかと
部:10末には2日程度で作れるようになっているとよい

部:最初の打ち合わせで言ったスケジュールを引くというのは、こういったどれくらいでできるかという感覚が必要で、ナレッジを積んできて少し見積もれるようになった。

全体の感想

・やっぱり知識が足りない。特にセッション周り。

・Go言語はフレームワークのデファクトスタンダードがなくて困る。

・デザインパターンの本読まなきゃ。

・少しずつ動いてきた感がある。

後書き

無事に二回目を迎えることが出来ました。ありがとうございます。

そういえば今回から毎日投稿していくことになりました。三日坊主にならないよう頑張ります。

ではまた次回お会いしましょう。

情報戦略テクノロジー