Loading...

社内システム開発日記:その178

前書き

お疲れ様です!
小手投げです。

炭酸水をそのまま飲むのは嫌いですが、
ペリエは飲んだことがなかったのでチャレンジしました。
案の定3口でギブアップ。
そのままで飲める人はすごいなと思います。

今回は日記です。

日記

ClowdFormationにyamlを流してみる
本番用のアカウントでは権限がなかった
初期のアカウントで流してみる
項目を埋めていく
EC2AMIIDが何を入力していいか分からず調べる
いまいち分からない
どうもOSイメージのIDらしい
EC2の作成画面を見たらそれらしいIDが
入れたら進められた
アクセスキーを作成することに対し、もっと限定的なロールの付与でなくて大丈夫か?と言われ不安になる
とりあえずS3にバケットを作ってソースを上げてみる

基盤部長に、ClowdFormationでAPサーバを立てたときに、今ある踏み台サーバを流用できるか聞く
どのアカウントでやっているか聞かれ、初期アカウントだと答えると、本番用の方がいいと
権限がなかったと言うと、付与してもらった
踏み台サーバは今あるもの(初期アカウントにある)と同じものだから、流用できる、
ただセキュリティグループを追加しないといけないとのこと
また、S3からデータを取得するときにはIAMロールを付与しないといけないとのこと
アクセスキーの作成ではダメと
ロールの設定を教わる

詳細設計書(エンジニア詳細)が来る
日本語と書式はいいからロジックのチェックをと言われる
もっと優しくと言われるが疑問形でなく言い切り型にしたからしょうがないような気もする
正直書式とロジックの切り分け以前の問題が多い
今日中に終わりそうだと思ったのに終わらんかった
イライラする

ブログの執筆公開

後書き

CloudFormationのドキュメントが英語のものをGoogle翻訳しているような文章なので分かりにくいです。

分かりにくいですが、少しずつ進んでいる気がします。

ではまた次回。

情報戦略テクノロジー