Loading...

社内システム開発日記:その177

前書き

お疲れ様です!
小手投げです。

ベイク(焼きチョコ)のパクチー味をもらって食べました。
パクチー感は弱く、噛んだらかすかにパクチーの香りがするくらいです。
普通にいけて、ネタにするほどまずくも無く、中途半端な感じです。

今回は日記です。

日記

S3がどんなものか確認するために aws s3 ls
視覚情報がないから設定してくれと
aws configure
アクセスキーIDとシークレットアクセスキーがいるらしい
基盤部長に聞かないと

別のできるところを探す
パラメータにS3のバケット名を追加
シェルスクリプトのDB周りを削除

ブログの執筆公開

基盤部長に聞こうと思ったら忙しかった
別のやり方でS3からコピーできないかと調べる
手詰まり感
ふとアクセスキーを作成する記事にあたる
自分でアクセスキーを作ればいいのか

AWSコンソール上でアクセスキーを作成
aws configure でアクセスキーIDとシークレットアクセスキー、リージョンと出力形式を入力
なんかおかしい
~/.aws/config を確認するとリージョンと出力形式しか書いていない
とりあえず aws s3 ls してみるとエラーは変わっているので進展はしている
調べてみると ~/.aws/credentials が優先されるらしい
見てみるとアクセスキーIDが2回書かれている
修正して aws s3 ls するとバケットの一覧が表示された

次はコピーを試みる
aws s3 cp s3://バケット名/xxx.html xxx.html
無事コピーできた

CloudFormationでアクセスキーを作る方法を探す
スニペットに載っていた
ただ、作成したアクセスキーをUserDataに適用する方法を読み取るのに苦戦する
何とか書けた
aws configure については対話式だとめんどいので、
直接~/.aws/credentialsをいじってみる
上手くいくかは分からないが

後書き

S3から持ってくるのに必要な処理がなかなか分かりにくく苦労しました。

CloudFormationのSub関数の仕様も最初はわけ分からんでした。

ではまた次回。

情報戦略テクノロジー