Loading...

社内システム開発日記:その153

前書き

お疲れ様です!
小手投げです。

コバエを部屋で見かけるようになりました。夏ですね。
ちゃんと生ゴミはすぐ縛ってるはずなんですが。
コバエとりを置いた方がいいかもしれません。

今回は日記です。

日記

入力エラー時の入力内容保持
社員情報登録画面
初期画面が表示できない、エラーがない時でも空の入力内容用の構造体を入れる
まだ直らない、rangeで回している構造体の中にそんな要素はないと
rangeの外で変数に構造体を入れて回避
eq判定で型が違う、.go側で型変換
いけると思ったがvalueが違う、Role_idとインデックスの2つ別の物を見ていた
いけた

社員情報編集は元からデータをvalueに出すからそこの値を変えるだけでいい
数値のところはuint64に型変換しないと
OK

テンプレート登録画面
テンプレート編集画面
これまでと同じ流れで特に問題なし

自社情報編集
ロゴの画像は、データの読み先をDB直接じゃなく画像ファイルにしたせいで、一旦吐かないと難しい
登録してないのに吐くのもちょっとどうかと思うので画像だけ元のもの

エンジニア情報編集
フラグはuint8にしないとだが、ParseUintだと8ビットを指定してもuint64にしかならない
調べたら、ParseUintしたものをuint8()でくくってやればいいようだ

入社前エンジニア情報編集
エンジニア編集と同じ変更でいけた

後はプロジェクト情報の登録、編集

後書き

今さらですが、golangのhtml内での記述方法は少し気が利かない感じがします。

対応自体は大きな問題はないですが、該当箇所が多いです。

ではまた次回。

情報戦略テクノロジー