Loading...

社内システム開発日記:その135

前書き

お疲れ様です!
小手投げです。

大相撲夏場所(5月場所)のチケットが1時間半で売り切れて、
国技館で並んでいた人が買えなかったというニュースがありました。
ネット・コンビニ販売が10時から、国技館の窓口販売が12時からということで、今回の事態となってしまいました。
既存のファンを切り捨てるな、ネット社会についてこれない方が悪い、いろんな意見がありますが、
そもそも同じ時間に売り出せばいいだけとしか思えません。
処理がパンクするならチケットを共有しなければいいだけですし、よく分かりません。

今回は日記です。

日記

新卒相手のエージェント

基盤部長からAWSを立ち上げたということで接続情報をもらう
踏み台サーバでポートフォワードの設定をしてAPサーバに飛ばす必要があるらしい
接続できない

ブログの執筆公開

接続できた
鍵ファイルを間違えていた

踏み台サーバとAPサーバの接続のマクロを作る

golangを入れる
調べたらすぐ分かるからとやり方をメモしてなかったので残す

wgetしようとしたらPermission denied
sudoをつけていけた
/usr/localに展開

PATH、GOPATHの設定

作業ファイルは$HOMEに作った
bin、pkg、srcを作成

コンパイルして不足しているパッケージを確認
go getしたらgitがないと言われたのでインストール

2つのパッケージでエラーが
goのバージョンが1.7から1.8になったせいかと思ったがそうではなかった
go get ではバージョンを指定できないため、最新のパッケージをとってくる
パッケージが最新になると以前のバージョンと対応してないものが
一つはエクセル出力部分で、使わないため削除
もう一つは()を削除して一旦対応、後で確認する

コンパイルと起動ができたので画面で確認
ロゴが表示されなかった

調べたら画像パスはDBに入っていて、DBに接続できてない今は無理

DB接続設定を書き換えてDBに接続してみる
画像が表示された

ログインしてみると入社前用の画面に飛んでしまった
ログアウトするとエラーになったので何かがおかしい

RDSにHeidiSQL(DB管理ソフト)から接続を試みる
基盤部長に聞いたところ、APサーバの時と同じ踏み台サーバへの設定が必要とのこと
教えてもらった通りにすると無事接続できた

ログイン後に想定外のところに飛んでしまったのはルールが足りなかったからだった

後書き

AWSは特に問題なく接続できて良かったです。

go getでバージョン指定できないのはいかがなものかと。

ではまた次回。

情報戦略テクノロジー