Loading...

社内システム開発日記:その134

前書き

お疲れ様です!
小手投げです。

フットサルをしてきました。
新卒のみんながキレキレに動いていて元気だなーと見ていました。
行く度に体重が増えていっているので、
今回は運動量を減らしたのに、ふくらはぎの痛みが前回よりひどいです。
体重を増やしてフットサルやるのが間違っていると言われたらそれまでなんですが。

今回は日記です。

日記

入社前ユーザー用の画面を作る
エンジニア詳細にパスワード変更とファイル出力を足した感じ

パスワード変更画面
既存の物と関数の飛び先とメニューバーくらいしか変わらないので既存と同居させようかと思ったが、
1つの画面に複数の意味を持つことになるのと、関数を変数に入れて適用したときに、
画面が二つレンダリングされたので、別の画面を作ることにした

権限チェックするときにセッションから取り出したユーザー情報の型が、
Userと*Userの2種類ある

型スイッチで対応させてみたが、そういう問題じゃない気が

ユーザーをセッションに登録するときに素の型だったところをポインタで登録してどこでもポインタに

メニューバーにはログアウトだけ表示

エンジニア情報編集、プロジェクト登録、プロジェクト編集・削除
同じように別で作る

ファイル出力は関数を戻さないのでそのまま使う

基盤部長にDocker環境のタイムゾーンは何か?と聞かれる
確認したらローカルでは日本時間だが
DockerではUTC
日本時間に変えたらDBもなるかと思ってタイムゾーンを設定しようとしたが、
timedatectl が command not found
パスの問題かと思ったらそも入っていないぽい
調べても有効なものが見つからない
時刻はtime.Now()が9時間ずれるくらいなのでいけるかな

後書き

入社前ユーザーの画面がごちゃっとするかと思いましたがそこまででもありませんでした。

timedatectlがないのは調べ方が悪いのか…?

ではまた次回。

情報戦略テクノロジー