Loading...

社内システム開発日記:その122

前書き

お疲れ様です!
小手投げです。

春場所も残り三日となりました。
高安は横綱二人に負けてしまい、稀勢の里がただ一人勝ちっぱなしの12連勝。
後はもう全勝で優勝してくれることを願うのみです。

今回は日記です。

日記

golangでのバリデーションは何かいいパッケージがないか探す
validatorというそのままの名前のがあった
構造体を作らないとチェックできないのがちょっとめんどう
他も見てみるがいまいち
validatorで構造体を作らないやり方もあるようなので試そう

エラーの画面への出し方を考える
エラーのテンプレートを作りはめ込む
エラーがあったときだけ表示するように

ブログの執筆公開

validatorを試す
goコマンドがないよと言われる
gopathを変えたくなかったのでちょっと焦ったが、go.exeをコピーして解決

バリデートをかけるとrequireやmail等、何に引っかかっているか分かる
ただ、それらを拾って判定してエラーメッセージを出さないと

登録処理から入力全体のバリデーションをする関数に投げ、
さらに個々のバリデーションをする関数でバリデーションをする
戻ってきたところでエラーの種類でメッセージを溜めて大本に返す
という感じか

validatorで正規表現が使えないらしい
必要なところだけ自分で書いて残りはパッケージでってのも微妙なんで自分で書こう

CPTが気にかかって作業が手につかなかった

後書き

validatorは良さそうと思いましたが正規表現がないとちょっと使えません。

メンタル何とかしたいです。

ではまた次回。

情報戦略テクノロジー