Loading...

社内システム開発日記:その12

前書き

お疲れ様です!
小手投げです。

まだ微妙に暑さが残っていてわずらわしいですね。

3人体制での初めての打ち合わせの様子です。
部長の発言が大部分なのでそのまとめになります。

打ち合わせ

担々麺にまずやってもらいたいことはAsIs-ToBeをパワーポイントで作ること
現状はAWS上でDNS(route53)とEC2、SQLServerを使っている。自社しか存在しない
今回のイメージとしては、ロールと画面・機能、データをまとめたインスタンスがあり、会社の数だけインスタンスを増やしていく、それらとは別に全体を管理するシステムがあり、メニュー管理から会社に機能を追加するようなシステム

セキュリティについては、ドメインを新たに取得するかどうか含めて考える

職歴管理システムだと長いから、名前をつけよう。アルファベット

出力はCSV、PDF、できればエクセル

権限についてはまず、画面、メニュー、メニュー機能、人、役割、非機能管理について2値か3値のマトリスクを作ってほしい
ここで拡張性がきまる

ロールによって画面や機能の中で処理を分岐させるのではなく、ロールごとに画面、機能を用意する
権限の判定はControllerで行うべき。Viewに判定させると、ロールの追加・変更ごとにViewの修正まで入ることになるため効率が悪く、とりわけJavascript上で判定すると明確なセキュリティホールとなるため、避けるべきである
ロールが増えた場合はつど画面・機能を増やす
先に作りきってからリファクタリングの期間を設ける

今のAWSからホスティングにVMを置くような形にしたい
ジェンキンスやシェフ等を使ってオートデプロイしたい

全体管理システムは1月のリリースに間に合わなくても、現状と同じ手運用でカバーは可能

目標
1月頭にリリースなので12月頭までには全機能がそろっているべき
12月は運用テスト、総合テスト(サーバー落とし上げなど)
11月は開発に専念したい
10月は開発の下準備
・1週は既存の整理、準備
・2週はDB見直し、機能化
・3週からアーキテクチャに手を付け始め
・4週にはアーキテクチャ全部完成、利用方針の決定、共通化するもののミニマム

1月リリース後の課題として、以下がある
アプリケーションサーバをWebサーバとリクエストのやり取りをするものと、業務ロジックを実行するものの二つに分ける
その二つのサーバ間ではエンティティのみをやり取りする
チェックとロジックを分ける
モデルはMVC
ビューコントローラを別サーバ
マルチチャネルの基本
タブレット化しやすい

プロジェクトの進捗はJIRAで管理しよう

担々麺の仕事はWBSの起こしと管理

3人しかいないので情報の共有はテキストベース
月曜と水曜に定例

後書き

量が多くてヒアリングを間違う部分もありました。
チェックを入れてくれた担々麺さんに感謝。

書いてあるように今月は準備期間となるので、重い月になりそうですが頑張ります。

ではまた次回。

情報戦略テクノロジー