Loading...

社内システム開発日記:その11

前書き

お疲れ様です!
小手投げです。

10月から新しいメンバーに参画していただきました!
私の先輩にあたる人で、担々麺という名で出てくると思います。

今回の内容は日記です。

日記

昨日質問したときに言われたマルチインスタンスの考え方についてまとめてみる
今回新規要件としてパートナー会社にも使ってもらうということだった
パートナーを考えるまえに、まず現状をざっくりまとめると以下のようになる

ユーザー参照・編集 スキルシート参照 スキルシート編集
管理者
エンジニア × 自分のみ
営業 × ×

3つのロールと3つの機能、○×は機能を利用する権限があるかどうか
当初、パートナーエンジニアとパートナー営業を加えて5つのロールにしようとしたが、そうではないと
この3つのロールと権限のまとまりが各社にあり、会社の数だけまとまりを増やすという思想
基本的に機能は会社の中で完結している。ただし、自社(ist)の場合は他の会社にも権限が及ぶ
データ的にはテーブルは同じだが、会社IDを持たせて所属する会社の情報だけ取得するイメージ
マルチテナントとの違いがあまり分からない

担々麺に自分の今の環境と同じものを用意してもらう準備
丸ごと複製とかできないので手順を伝える方向で
・言語・DBMS・IDEのインストーラ渡してインストール
・SQL叩いてDB・テーブル作成
・ソースを渡してGo配下に置く
くらいしかないのだけれども

ブログの執筆公開

今週なにをどれだけの時間やったかをだしてくれと言われまとめる
コーディング6.5h、シーケンス図作成13.5h、調べもの10.5h、他9.5時間という結果

表の書き方で、日付を縦に、項目を横に並べたところ、
「増えるものは右に増やしていき、固定のものは縦に並べる。そうすると見たいもの(この場合一日の時間)が一画面で見られる」
とのこと

調べものが多い点に対し、
「作業しながら調べものをしたほうが効率がよさそうだが、いずれはゴールを設定して調べものをしてから作業にかかれるように」
との指摘をいただく

後書き

やはり思想の部分で理解がしづらいところがあります。

なにはともあれ次回からプロジェクトが本格的に動き出します。

ではまた次回。

情報戦略テクノロジー